教科書にもあまりくわしく書かれていなかったりしますが、どんな違いがあるのでしょうか。, 4~5世紀ごろ、関西を中心に大和政権ができました。しかしこの当時は、本州もまだ全て大和の朝廷の支配下にあったわけではありません。その領域は西日本が中心でした。, 日本の東北部で大和政権の支配下に入らなかった人々は「蝦夷(えみし)」と呼ばれました。「毛人」という漢字も使われましたが、読み方は同じ「えみし」です。, 「えみし」という言葉の語源は諸説ありますが、漢字の「夷」というのは中国で東にいる異民族を指す言葉です。, 当時の大和朝廷が中国的な自民族中心の価値観(華夷観念/かいかんねん)を持っていたことがわかります。, 「えみし」というのは朝廷側の呼び方で、こうした人々がどんなふうに自分たちを呼んでいたかはわかりません。, 『日本書紀』には大和朝廷が蝦夷との戦いや交渉を行なった記述があります(どこまで事実かは不明ですが)。, 大化改新の直後には現在の新潟市付近まで勢力に収め、斉明天皇の時には秋田の蝦夷と関係を結び、日本海側を北上していきます。, 8世紀になると多賀城(たがじょう/現在の宮城県多賀城市)を築き、太平洋側にも勢力を広げました。この時代は帰順する蝦夷には食料などを与えたのに対して、反抗する蝦夷は武力で抑え込むという二面的な政策をとっています。, 田村麻呂は蝦夷の族長である阿弖流為(あてるい)を降伏させ、胆沢城(いさわじょう/現在の岩手県奥州市)に拠点を置きます。, 後に源頼朝や徳川家康がなる「征夷大将軍」ですが、「夷」という言葉が入っていることからもわかるように、もともとは蝦夷と戦う将軍という意味だったのです。, それはただ読み方が変わっただけではなく、後に「アイヌ」と呼ばれるようになる人々のことを指すようになります。つまり「蝦夷」は異民族を指す呼び方になり、差別的なニュアンスも強くなりました。, 今でも札幌ラーメンの店の名前に「えぞ」とつけられることがありますが、それは「蝦夷地」という呼称の名残なのです。, アイヌとは、現在おもに北海道に住む先住民族のことです。本州以南に住む「和人」とは別の民族で、言語も日本語ではなくアイヌ語を話します。, かつては千島列島、樺太、カムチャツカにも居住しており、現在もロシア領に居住している人々がいます。, 「アイヌ」とはアイヌ語で「人間」という意味です。たまに「アイヌ人」などといわれることもありますが、これでは「人・人」という意味になってしまうのであまり用いられません。, 北海道の地名はアイヌ語にもとづくものが多く、現在でもその影響が残っています。ただ明治以降「和人」との混血が進み、アイヌを自称する人は少なくなっています。, 北海道に住むアイヌは和人との交易を行っていました。しかし、和人が北海道へと勢力を伸ばすとしだいに衝突するようになります。, 1457年、アイヌの首長であるコシャマインが蜂起しますが、武田信広によって鎮圧されます。それ以降、北海道の南部は武田信広が婿入りした蠣崎氏が支配することになります。, そして、明治時代になると「蝦夷地」は「北海道」と名前を改められ、明治政府による北海道の開拓が進められます。, ただそれはアイヌにとっては生活の領域を奪われることにつながりました。狩猟や漁を行って生活をしていたアイヌは農業への転換を強いられ、多くの人々が窮乏していきます。, まず古代の「蝦夷=えみし」ですが、古くから「えみし」がアイヌと同一の民族だったのかについては議論がありました。, アイヌ語の研究で知られる言語学者の金田一京助(テレビでおなじみの言語学者・金田一秀穂先生のおじいさんです)は、東北北部に残る地名がアイヌ語由来であることから、奥羽地方にいた「えみし」はアイヌ民族だったのではないかという説を提唱しました。, しかし考古学者や人類学者による研究では「えみし」が「アイヌ」であるという証拠がなく、両者を同一のものと見るのは難しいのではないかと言われます。, そこで現在の教科書的には古代の「蝦夷(えみし)」はアイヌとはイコールではないとされます。, つまり、大和朝廷の支配に従わなかった東北部の人々が「えみし」と呼ばれたということです。, その中には日本語を話す人たちもいたでしょうし、のちにアイヌ民族となる人たちもいたのでしょう。, それらをひっくるめて、大和朝廷は自分たちに従わない野蛮な人たちという差別的な意味で「えみし」と呼んでいたわけです。, したがって、そもそも「えみし」を民族や人種的な概念だと考えるのが間違いだったということになります。, 一方、中世以降に北海道に居住していた「蝦夷(えぞ)」はアイヌ民族だったと考えられます。, 要するに、「蝦夷とアイヌの違い」という問題は、古代の「えみし」と中世以降の「えぞ」は別で、「えみし」はアイヌと同一とは言えず、「えぞ」はアイヌであったというのが結論になります。, ・「蝦夷(えみし)」とは、古代に北陸・関東北部・東北・北海道などに住んでいた人々のこと。, ・「えみし」は人種的な概念ではなく、古代の大和朝廷に従わなかった東北部の人々の呼称。, ・つまり古代の「蝦夷」はアイヌとはイコールではなく、中世以降の「蝦夷」はアイヌのこと。. あなたは、アイヌ人を知っていますか?この記事ではその歴史に加え、アイヌ語由来の子供の名前のつけ方、男性・女性の人名、かわいい女の子向けの名前など具体的にお伝えしています。自然や動物にまつわる名前の多い奥深いアイヌ語について知ることのできる内容です。ぜひ参考にしてみてください。, アイヌ人は北海道の先住民族です。かつて北海道は「蝦夷(えぞ)」と呼ばれ、日本ではないとみなされていました。明治以降になり北海道も日本の一部になったのです。アイヌ人はもともと北海道や樺太、カムチャッカ半島の南に住んでおり、独自の文化を築いていた先住民族なのです。, アイヌ人の歴史を語るうえで差別を欠かすことはできず、現在はアイヌ人やアイヌの子孫の人々が全国各地に広がっていますが、今でも差別を受けることがあると訴えています。, アイヌ人は独特な顔立ちが特徴的です。北海道ではアイヌ人の人は顔を見ただけで分かると言われるほど日本人離れした美しい顔立ちをしています。一般的にアイヌ人の顔立ちの特徴として言われるのは彫の深い顔、くっきりとした二重まぶた、ウェーブがかった髪の毛です。, アイヌ人は古モンゴロイドに属しており、アイノイドと呼ばれる人種に区分されています。いわゆる縄文人と言われる人々です。もともと本州の人は新モンゴロイドであり弥生人とされていました。中世以降この古モンゴロイドと新モンゴロイドがブレンドされ、日本人は両方がミックスされた人種になっているのです。, アイヌの人々はアイヌ語という独自の言葉を話します。日本には地方によって方言が存在しますがアイヌ語は方言ではなく一種の言語です。アイヌ語は独特な発音が特徴的で、アイヌ人自体が文字を持たない民族であったため口伝えでアイヌ語は伝わっていきました。, 現在では流暢なアイヌ語を話す人はいないに等しく、アイヌ語を守る文化活動が盛んに行われています。また、北海道の地名の多くはこのアイヌ語が由来となっており、「留萌(るもえ)」や「札幌(さっぽろ)」など独特な響きの地名が北海道に多いのはアイヌ語がルーツだからなのです。, 現在では北海道で暮らすアイヌ人の人々も普通の日本語を話します。北海道では北海道弁と言われる方言があるのですがなかなか馴染みがない方言ですよね。以下の記事ではそんな北海道弁について詳しくまとめられていますから是非チェックしてみてくださいね!, アイヌ人は生まれてきた子供にすぐ名前をつけることはしません。子供が生まれてから数年の間はあだ名をつけて、そのあだ名で名前を呼んでいたのですが、アイヌ人は子供に対してわざと汚いあだ名をつけるという特徴がありました。例えば「祖父の肛門」や「糞女」などです。, 大分ひどいあだ名ですよね。何故このような汚いあだ名をつけていたのかについては後ほどご説明いたしますが、生まれてきた子供が可愛ければ可愛いほど汚い名前をつけるべきだという考えがあったそうです。また、女の子なのに男の子の名前であったり、その逆のケースもあったそうです。, 生まれてきた子供にわざと汚いあだ名をつけていたアイヌ人ですが、一体いつまでそのあだ名を使っていたのでしょうか。家庭や地域によって違いはあったようですが、子どもが成長し、その子の癖や性格が現れた時期に正式な人名を名づけたそうです。年齢で言うと3歳~7歳までの間に人名をつけたと言われています。, 正式につけられた人名には、その子供の性格や見た目、親の願いだけでなく、赤ちゃんの頃の思い出などを由来として名前をつけていたんだそうです。ただ、人名をつけても不幸な出来事があったりすると名前を変更するという文化もあったようですからアイヌ人にとって名前は一生ものではなかったようです。, 子供が生まれてからしばらくはあだ名をつけ、しかもわざと汚いあだ名をつける風習のあったアイヌ人ですが、何故わざと汚いあだ名をつけていたのでしょうか。「肛門」や「糞」など本当に汚いあだ名をつけていたのですが、それには深い理由がありました。アイヌ人は「カムイ」と呼ぶ神様とともに生きていると考える民族です。, しかしカムイには悪いカムイも存在します。生まれてきた子供にかわいい名前をつけてしまうと、悪いカムイがその子供をさらっていってしまうと考えられていたのです。ですからアイヌの人々は生まれてきた子供がカムイにさらわれて行かないようにわざと汚いあだ名をつけていたのですね。, アイヌ人は名前を名づける際に死んだ人の名前を避ける特徴がありました。例えば亡くなったおじいさんやおばあさん、両親に縁のある亡くなった方などに敬意を表して子どもにその人の名前やちなんだ名前をつける両親は少なくはないかと思います。周りから咎められる行為でもありませんよね。, しかしアイヌではそのような行為は忌み嫌われました。亡くなった人の名前を子供につけるのは不吉だとされていたのです。もちろん人名ですから、子供につけた名前の人が過去に死んではいるのですが、身内や知り合いで亡くなった方の名前をつけることはしませんでした。, アイヌ人は生まれてすぐに名前をつけることはせず、その子供がある程度成長し、癖や性格などが現れてからきちんとした人名を名づけると先ほどご紹介致しました。それには名前にその子にちなんだものを名付けたいという想いもあったとされています。, その子供の性格などを加味して名前をつけるだけでなく、その子供が幼い頃の思い出などを名づける場合もありました。例えば赤ちゃんの頃ご飯の上に大便をした子には一生ご飯に困らないようにとの意味が込められた名前をつけられたそうです。, アイヌの人々は子供に名前をつける際、縁起の良さも考慮したと言われています。今でも子供に縁起のいい名前をつける人は多いですよね。アイヌではカムイと呼ばれる神様たちを信仰する文化がありました。カムイは火や水などの自然現象だけでなく動物にも宿ると言われていたのです。, 中でも北海道に広く生息するヒグマは「キムンカムイ」と呼ばれ大事にされてきました。子供に名前をつける際、このような動物のカムイなどを由来として名づけるケースも少なくは無かったそうです。強い子に育ってほしいなら強い動物を。海や波のように穏やかに育ってほしければ自然カムイの名前を由来としたのですね。, 厳しい冬の寒さが特徴的な北海道ですが、アイヌの人々も冬にちなんだ名前を子供につけたことでしょう。以下の記事では冬生まれの女の子にぴったりな名前を紹介しています。冬生まれの女の子の名前に困ったら是非参考にしてみるといいかもしれませんよ!, アイヌ人女性に多い人名、1つ目にご紹介するのは「アベナンカ」です。これは「アベカムイ」「アペフチカムイ」と呼ばれる火の神様を由来とした名前です。火は古くから神様が宿るとされてきましたが、アイヌ民族も例外ではありません。美しい火にはカムイが宿るとされ崇められてきました。, また、寒い北海道では火が重要な役割を果たしていたと想像できます。美しく、人々の生活に欠かすことのできない火のように重要な女性に育ってほしいという願いをこめてこの名前をつけるアイヌ人が多かったのではないでしょうか。, アイヌ人女性に多い人名、2つ目は「ウヌカル」です。これには出会うという意味があるのですが、実はこの名前は男女両方に使われていたのです、現代でも「いおり」や「あすか」など男女兼用で使用することのできる名前は多いですが、古くのアイヌでもその傾向があったのですね。, 人と人の出会いは人生の中でも重要ですし、宝と言えます。そんな出会いにちなんだ名前をつけるのはなんだかロマンチックで素敵ですよね!素敵な人々と出会った人生を豊かにしてほしいという両親の願いがこもった名前だと想像できます。, アイヌ人女性に多い人名、3つ目にご紹介するのは「カズクチ」です。この名前には少し歴史的な意味が加わります。カズクチとはアイヌ語で「泣女」という意味があります。これは千島アイヌという千島列島に居住していたアイヌ人がつけた名前なのですが、この千島アイヌはロシアとの関係により千島を追い出されます。, 明治維新後にロシアと日本で締結された千島・樺太交換条例によって、千島アイヌの人は祖国を追われてしまったのです。そんな年に生まれた子供や名前をつけることになった女の子に対して「カズクチ」と泣く女という意味のある名前をつけたのです。悲しい名づけ理由ですよね。, アイヌ人男性に多い人名、1つ目にご紹介するのは「イソンノアシ」です。これは狩りの名人という意味が込められています。人々は昔、狩りをして生計を立てていました。動物を狩る事によって食糧を得ていたのです。そしてその狩りの仕事はほとんどが男性によるものでした。, アイヌ人も例外ではありません。自然豊かな北海道では多くの動物が住み、狩りの獲物も豊富でした。アイヌ人の男性は家族の為毎日のように狩りに出かけて行ったとされています。そんな狩りの名人になるようにとの願いが込められた、あるいは子供のころから狩りの素質があった子につけられた名前なのですね。, アイヌ男性に多い人名、2つ目は「エコリアチ」です。これには「宝物を集める」という意味がありました。宝物には様々な定義があります。金銭的に値打ちの高いものも宝物と言えるかもしれませんが、その人にとって重要なものも宝物と言えますよね。宝物をたくさん集められるようにとの意味がこもった名前です。, 今回はアイヌ人の名前に特化してご紹介していますが、アイヌには魅力的な文化がたくさん存在します。中でもアイヌの民族衣装は独特でとても素敵です。以下の記事ではアイヌの民族衣装について詳しくまとめてありますから是非参考にしてみてくださいね!, アイヌ人男性に多い人名、3つ目にご紹介するのは「アンラ」です。これはクロユリという意味があります。クロユリとは北海道から本州南部まで生息する植物ですが、北海道のクロユリは大きくて、たくさん花がつくとされています。アイヌの人々にとっても馴染みのある花だったのです。, 日本人の命名に使えるアイヌ語、1つ目にご紹介するのは「レラ」です。レラとは風という意味のあるアイヌ語なのですが、響きが美しくまるでおとぎ話の主人公のような名前ですよね。アイヌ語では「レイラ」とも言うそうで、どちらとも女の子の名前には素敵な響きです。, 実際に「レラ」や「レイラ」という名前の日本人は多いですし、日本だけでなく世界でも通用する名前です。アイヌ語を由来としてこの名前をお子さんにつけるご両親も多いそうですから比較的メジャーな名前です。, 日本人の命名に使えるアイヌ語、2つ目にご紹介するのは「リム」です。これは波という意味のあるアイヌ語で、周囲を海に囲まれた北海道ならではの言葉ですよね。男の子でも女の子でも使える響きが特徴的ですし、呼びやすいというのもいいポイントですよね。, 日本人の命名に使えるアイヌ語、3つ目にご紹介するのは「シリト」です。これには大地という意味があり、広大な北海道の豊かな大地を表現するアイヌ語です。日本人の男の子は名前の最後に「と」のつく子が多いですから不自然ではありませんし、「大地」という意味も男の子らしいですね。, 「シリト」という音は漢字も当てやすく、漢字の意味も併せて考えると凄く素敵な名前を名づける事ができるかもしれませんね!他にもアイヌ語には現代の名前でも通用するような言葉がたくさんありますから参考にしてみるといいかもしれません。, いかがでしたか?アイヌは北海道の先住民族です。古くから独自の伝統と文化を築き上げた民族で、そのどれもが魅力的なものばかりです。今回はアイヌの名前についてご紹介しましたが、他にもアイヌ文化は素敵なものばかりですから是非勉強してみるといいかもしれませんね!.

慶應 広告研究会 宋 4, ドライブレコーダー Sdカード フォーマット形式 20, アイネクライネ Mp3 ダウンロード 11, 彼らを見ればわかること 最終回 あらすじ 9, My First Story Reviver 音域 8, Tdcx Japan株式会社 在宅 13, 俳優 声優 下手 6, レペゼン地球 脇 かっこいい 31, 荒野行動 6本指 手元 12, 嵐 S受け 小説 切ない 42, Etiology Pathogenesis 違い 5, シェリー 歌詞 意味 14, 手越 ファン ブログ 14, 原 英莉 花 パター 5, プロスピa 抑え 出ない 9, クラウドワークス 検定 答え 57, 世界 宗教 割合 18, 禰 旧字 ネ 21, Meta Description ヤフーショッピング 41, Chr 燃費が 悪い 12, アコギ デュオ 曲 13, 伝達 授与 違い 35, 案山子 さだまさし 泣ける 5, Ixa ブログ 1 32 5, ガラケー ゲーム スマホ 8, 旭天鵬 嫁 写真 5,

אהבתם? העבירו את זה הלאה :)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •