ここではスバル「フォレスター」の安全性能についてご紹介します。, 2018年に登場した現行型のフォレスターには全グレードにスバルの予防安全パッケージ「アイサイト コアテクノロジー」が標準装備になっています。, アイサイトは人の目のように距離を測る2つのステレオカメラによって障害物などを認識するシステムを採用しています。このステレオカメラは距離の認識はもちろん、車や歩行者、車線などの識別やカラー画像によるブレーキランプの認識が可能なほか、広い視野角や視認距離を持つのが特徴です。, このステレオカメラにさまざまなセンサーを組み合わせて車両の周囲の状況を把握し、ソフトウェアによって車を適切に制御し高度な運転支援を実現しています。, ここからはフォレスターの全グレードに搭載されているアイサイト コアテクノロジーに含まれる先進安全機能を見ていきましょう。, システムが危険を判断して自動ブレーキを作動させ、衝突回避や被害軽減を目指す機能です。衝突の可能性があるとシステムが判断した場合にはまずドライバーに注意喚起を行い、ブレーキ操作を促します。, ドライバーがブレーキ操作を行った場合は「プリクラッシュブレーキアシスト」を作動させブレーキ踏力をアシスト。ブレーキ操作がない場合、もしくはさらに衝突の危険性が高まった場合は自動でブレーキ制御を行い衝突回避、衝突被害の軽減をサポートします。, 前方の車両、昼間の歩行者を認識しますが夜間には対応していません。約1~160km/hの速度域で作動します。, 障害物を認識している状態でアクセルペダルが必要以上に踏み込まれると、エンジン出力やハイブリッドシステムの出力を制限して急発進や急加速を防止します。, 前方だけでなく後方にも対応しています。また後退時に必要以上加速することがないようにあらかじめ制限速度が設定できる後退速度リミッターを搭載しているのは特筆すべきポイントでしょう。, 低速(約10km/h)、中速(約15km/h)、高速(約20km/h)の3パターンで設定でき、設定速度を超過しそうになるとリミッターが作動し、後退時の安全運転をサポートします。, 後退時にソナーセンサーで後方の障害物を検知し、衝突の可能性があるとシステムが判断した場合は障害物との距離に応じた警告表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。それでも衝突が回避できないとシステムが判断すると自動でブレーキ制御を行い、衝突回避もしくは衝突被害の軽減をサポートします。, ステレオカメラが左右の車線を認識し、車線を逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合には警報音とディスプレイ表示で逸脱の可能性をドライバーに知らせるとともに、ステアリング操作をアシストして車線内走行を維持するようにサポートする機能です。, 停止時から約120km/hまでの幅広い車速域で安全な車間距離を確保しながら先行車に追従走行したり、あらかじめセットした車速で定速走行したりするシステムです。, 全車速追従機能付きなので渋滞時にも対応し、高速道路や自動車専用道路でのドライバーの運転負荷を軽減し安全運転に貢献します。, 車線逸脱抑制の機能と全車速追従機能付きクルーズコントロールの機能を利用して単調な高速巡航やストレスのかかる渋滞などの多い高速道路や自動車専用道路においてアクセル・ブレーキ操作とステアリング操作を総合的に自動制御し、ドライバーの疲労やストレスを大幅に軽減するようサポートする機能です。0~120km/hの幅広い速度域でおもな運転操作をアシストします。, 約60km/h以上で走行時にシステムが車の走行パターンをふらつきであると判断した場合や、約40km/h以上で走行時に車線を逸脱しそうになるとディスプレイ表示と警告音でドライバーに注意喚起します。, また、ブレーキペダルを踏んで停止したまま先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない場合にも同様に、警告音とディスプレイ表示でドライバーに知らせます。, 以上が全グレードに搭載されているアイサイト コアテクノジーの先進安全機能です。ステアリング操作まで自動制御するツーリングアシストや後方の自動ブレーキ、後方誤発進抑制制御なども含まれ非常に充実した内容です。, ガソリン車の上級グレードである「Premium」とハイブリッドシステムのe-BOXERを搭載する「Advance」では、上記の安全性能に加えてアイサイトセイフティプラスが標準装備されます。以下がアイサイトセイフティプラスの内容です。, ドライバーの死角になりやすい後側方をセンサーによってモニタリングし、衝突の危険が伴う範囲に車両が接近するとドアミラーの内側のLEDインジケーターを点灯させ、安全な車線変更や駐車場などからの後退をサポートします。, ステレオカメラで先行車や対向車を認識し、LEDヘッドランプの前方車両にあたる部分のみを部分的に遮光する機能です。そのほかの部分はハイビームのままなので、眩惑を防ぎながらも夜間の視認性をしっかりと確保します。, アイサイトセイフティプラスは「Touring」と「X-BREAK」にもオプションで追加が可能です。, 「Advance」にはスバル初となる乗員認識技術、ドライバーモニタリングシステムが装備されています。これはインパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識し、あらかじめ登録されたシートの位置やドアミラー角度を自動で再現したり、そのドライバーが前回イグニッションOFFした際のメーター内表示やエアコン設定も再現したりする「おもてなし機能」を備えています。ドライバーは最大5人までの登録が可能で、ドライバーごとの平均燃費の表示なども行います。, またドライバーが一定時間以上目を閉じていたり視線を大きく外したりすると、居眠りやわき見の可能性があるとシステムが判断し警告音やディスプレイ表示で注意喚起するなど、ドライバーの挙動を見守り安全運転に貢献する警報機能も備えています。, このほかにもフォレスターには助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をディスプレイに表示し、死角になりやすい位置の安全確認をサポートするサイドビューモニターや運転席・助手席のエアバッグ以外にも、ニーエアバッグやサイドエアバッグ、カーテンエアバッグや歩行者保護エアバッグを全車標準装備しています。, 予防安全はもちろんのこと、衝突安全にも配慮されたフォレスターは高い安全性を持ったモデルであるといえるでしょう。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. google_ad_client: "ca-pub-2193910288720501", }); 【ワンダー速報】RAV4オーナーがフォレスターに試乗!その違いとメリット・デメリットを解説!, Premiumには運転席助手席パワーシートが標準装備!しかも、本革シートも4万円で装備可能。, RAV4では運転席しかパワーシートが無かったのでその点はフォレスターのほうが優れています。, こちらは他にもPanasonic製のビルトインナビも選べますが、どちらも8インチ。, しかも三菱電機のETCユニットでは、ゲートを通るたびに「ピー!!!ピー!!!!」と二回けたたましくなるのはマイナス点。ちなみに, V90シリーズに追加された2つの個性 ボルボ・V90 R-デザイン/クロスカントリー 試乗記, ボディサイズを感じさせないゴーカートフィーリング MINI・クロスオーバー 試乗記, 美しいスタイルと使い勝手を両立するBMW最小の4ドアクーペ 2シリーズグランクーペ 試乗記, レクサスLC500 Convertible(コンバーチブル)試乗レポート LCクーペオーナーから見たLCコンバーチブルの美点はどこか?, 日産「車中HACK BOOT CAMP」を開催、バイきんぐ西村さんと水野裕子さんもキャラバン特別仕様車に興奮!, 埼玉の荒川水系を巡るドライブ旅 〜愛車と水にまつわる巨大建造物とのツーショット写真を撮る〜. 本サイトには車に関する多くの記事ストックがありますので、閲覧いただければ幸いです。 新しい車を購入する際にrav4とフォレスター、どちらを購入するか迷う方も多いのではないでしょうか?走行性能、燃費、価格などあらゆる側面から2台を比較していきます。オトオクの中古車の相場表(2020年11月更新)を調べて、売却相場の査定参考にしましょう。

自動ブレーキや誤発進抑制機能などをはじめとする先進安全機能は近年の新型車には不可欠な機能になりつつあります。ここでは2018年に登場した現行型フォレスターの安全性能についてご紹介します。 スバルレヴォーグとトヨタプリウスα、新車で買うならどっちが良いの?と迷っていませんか。 国産車では同クラスのライバルがほぼ皆無と言われる両車。 中にはレヴォーグとプリウスαのどっちにしようか迷う方も少 ... トヨタ・ヴェルファイアは、Lクラスミニバンにおいてアルファードを除いて敵なしと言ってもいいほどの人気ぶり。 高額なモデルにもかかわらず売れているようですが、実際どのくらい売れているのでしょうか? また ... 今回フォレスターのライバル車として、取り上げるのは、日産エクストレイルです。 SUVの中でも若い世代に人気がある車種です。 日産は伝統的に若い世代に魅力的な車を提供し続けてきたメーカーと言えるでしょう ... プリウスに限らず車は、購入後も税金や車検費用、保険代など維持するために様々な費用がかかります。 今回は、トヨタ・プリウスの維持費について解説していきます。 低燃費なハイブリッドカーとしておなじみですが ... トヨタ・プリウスの購入を検討する際、「ボディカラー」は種類が豊富で悩んでしまう方が多いのではないでしょうか? 永く乗る愛車であれば、一番良いと思える色を選びたいですよね。 そこで今回は、プリウスのボデ ... Copyright© CAR-BLOG1176 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. トヨタの世界戦略車の一つであるRAV4が、2019年春に日本復活すると公式サイトで発表されました。, グローバル展開し、海外でも人気のスバルフォレスターとしてはライバル車が増えるわけですから当然無視できない存在になりますね。, フォレスターの購入を考えている人の中には、トヨタRAV4に目移りしてしまっている方も少なからずいるのではないでしょうか。, 引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/, 新型RAV4は米国で発売開始しています。日本では2016年まで3代目が200万円程度から購入可能でしたが、新型RAV4のベースとなっている現行モデルは北米などで最低価格が270万円となっています。, 新型RAV4では、安全性能を強化するなどことも考えると現行モデル+10万円程度アップするのではないかと推測しています。, スバルフォレスターとトヨタRAV4は、ガソリン車のベースグレードだと価格設定はほぼ同じですね。, ここに上位グレードが入ってきたときにX-BREAKやPremiumとの価格差がどれ位になるのかが気になるところです。, あくまでもRAV4は予想価格になってしまいますが、米国などで販売しているベース価格からほぼこの価格で確定なのではないかと思います。, RAV4とフォレスターのルックスを似ていると感じる人は多いでしょうし、筆者もそう感じています。, どうやら、新型RAV4の方が評価している方が多いようです。デザインについては、革新的なRAV4に保守的なスバル、みたいな構図がイメージできます。, 乗り心地に関しては個人の好みの問題もあるので、一概にどっちが良い悪いとは言えない部分ではあります。, また、本来ならユーザーレビューを参考にして比較するところなのですが、何せ新型RAV4はまだ発売前ということでユーザーレビューは当然ありません。, 足回りはやや固いとの意見もありますが、決して不快にはならないレベルで満足されている方が多いという印象です。, 広くて座り心地が良いシートのおかげもありますが、それ以上に大きな影響を与えているのはシンメトリカルAWDです。, これはスバル独自の4輪駆動システムで、低重心かつ安定した重量バランスを保つ仕組みとなっています。, 上記画像を見ていただければおわかりのとおり、青く光っている箇所がフォレスターの軸となっているもの。, これにより、車体の揺れを抑え、荒れた道でもぶれない安定した走りを実現しているのです。, また、これによって軽快なハンドリング操作もできるようになり、運転しやすさと乗り心地の良さが実感できるのです。, トヨタの新型RAV4では、トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」が採用されます。, TNGAは、プリウスやCH-R、カムリなどに採用されているプラットフォームで、これによって走行性能がアップします。, フレームの構造は最適化され、ボディの剛性力も高まるので、大きな負荷がかかる悪路走行での接地性と乗り心地も良くなります。, たとえば、TNGAプラットフォームを採用している同じSUVであるCH-Rは、突き上げや振動をしっかりと吸収し、ほぼフラットに近い乗り心地と好評です。, 新型RAV4は、現行モデルから全長は-5mm、全幅は+10mm、全高は-5mmとなっています。, 全長と全高はスバルフォレスターのほうが大きいですが、全幅はトヨタRAV4のほうが40mmほど大きいですね。, また、トヨタRAV4はホイールベースがスバルフォレスターよりも20mmほど長いですね。, 現行モデルから+30mmでもあり、これによって室内空間は拡大されるものと予想します。, ただ、ハイブリッド車は燃費を第一にしたシステムではないので、ガソリン車との差は殆ど無いのがちょっと残念ですね。, 2.5L ハイブリッド:22.7km/L

トヨタ・RAV4 G Z packageに9ヶ月乗ってきた私ですが、以前から気になっていたフォレスターに遅ればせながら試乗させていただきました。, よく比較される2台ですが、RAV4オーナーから見たフォレスターはどのように写ったでしょうか。, 試乗車はスバル・フォレスター2.5L NAエンジンのPremium、車両本体価格は308.0万円からとなっています。, フォレスターは全グレードAWDなので、それを考慮すれば価格もお買い得感があります。, エクステリアは、先代フォレスターとどこが変わったのかわからないくらいキープコンセプトとなっており、フルモデルチェンジしたのに目新しさが全く感じられなかったのは残念。, よく見比べるとヘッドライトの造形や、面構成が細かく緻密になっているなどの差はありますが、「グレード違いです」って言われたら信じてしまうほど、よく似ています。, 質実剛健なスバルなので、あえて変えないという選択肢なんだと思いますが、ちょっと保守的すぎだと思いました。それでもフォレスターファンが買い換えるには、安心感があるのかもしれませんが。, フォレスターのヘッドライトには、なんとアダプティブドライビングビームという、アダプティブハイビームシステムが搭載されています。, これは、カメラで対向車や先行車を読み取り、その部分だけハイビームを遮光するというハイテクなヘッドライト。, RAV4ではオートマチックハイビームというハイビームをON/OFFするシステムしか備わらないので、この点でもフォレスターのほうが優れています。, フォレスターのボディサイズは、全長4,625mm×全幅1,815mm×全高1,715mm(ルーフレール含まず)、ホイールベース2,670mmとなっています。, 昨今巨大化が進むSUVですが、全幅を1,850mm以下に抑えているのはさすがスバル。, RAV4の全幅は1,855〜1,865mmと、完全に北米仕様で日本にローカライズされている感は薄いです。, フォレスターは全幅がRAV4よりも4cm程度幅狭なので、迫力ではRAV4のほうが強いかもしれません。, 一方、マンションの一般的な駐車パレットの幅は1,850mmなので、フォレスターだったら収まります。, フォレスターPremiumのリアビューですが、コの字型のリアコンビネーションランプの中央部分が少し盛り上がるようなデザインになっており、リアビューをボリュームあるように見せています。, フォレスターのエクステリアをグルっと一周見た総評としては、「見た目は超キープコンセプト過ぎてフルモデルチェンジと気づかないレベルなのはもったいないが、日本に適したサイズで発売してくれているのは嬉しい。」と思いました。, 変わったのはリアビューのワイド感が出たのは良かったですが、正直、見た目のブレイクスルーはなく、街中ですれ違っても新型か先代可かひと目で識別できないレベルです。, 思わず目で追ってしまうというような「見た目で惚れる」という要素に弱いのは事実です。, ただ、「見た目より性格で判断してくれ!」っていう人のような、内容はとても進化したクルマになっています。, 見た目の地味さに惑わされず、中身をちゃんと評価できる人には、質実剛健でニーズに確実に応えてくれるコストパフォーマンスの高い一台になっていると思います。, ドアトリム上部もソフトパッド、トリム中央はステッチ付きの合成皮革で覆われていて、ウィンドウスイッチにもメッキの加飾もあります。, Premiumには運転席助手席パワーシートが標準装備!しかも、本革シートも4万円で装備可能。RAV4では運転席しかパワーシートが無かったのでその点はフォレスターのほうが優れています。, インテリア全体のデザインは、インプレッサ以降の新世代スバルのデザイン文法に則った造りになっていますが、奇をてらわず真面目なデザインや配置になっていると思います。, まずはインパネ周りですが、スパルではインパネ上部に6.3インチの「マルチファンクションディスプレイ」という横長のモニターが付いているのが特徴です。, こちらは視界の先に配置されているので、ヘッドアップディスプレイの変わりのように作用します。, 表示できる情報も切り替えられ、燃費やエアコンの作動状況、アイサイトの作動状況などを見ることができます。, その下には三菱電機のDiatoneサウンドビルトイン8インチナビが装備されていました。, こちらは他にもPanasonic製のビルトインナビも選べますが、どちらも8インチ。解像度などは輸入車やトヨタなどのものに比べるとちょっと劣るかなという印象。, しかも三菱電機のETCユニットでは、ゲートを通るたびに「ピー!!!ピー!!!!」と二回けたたましくなるのはマイナス点。ちなみにPanasonic製のETCユニットだとそんなことはないそうです。, エアコンスイッチ周りもピアノブラックになっているし、サイド部分もステッチ付きの合成皮革で覆われていたりと、内装のマテリアルは良いですね。, シフトブーツ付きのシフトノブに電動パーキングブレーキ、そしてAVH(オートビークルホールド)といういわゆるブレーキホールドも装備されました。, 今までのスバル車は電動パーキングブレーキはあっても、ホールド機能がなかったのが残念でしたが、最近からAVHが付いて一気に実用性が高まりました。, これにより、信号停止時などでブレーキがホールドされ、右足がブレーキペダルから開放されます。, そしてフォレスターは全グレードAWDで、X-MODEというAWDのモードセレクトダイヤルも装備されています。, 続いてステアリングホイールですが、スイッチが多数並んだ高機能なステアリングホイールになっています。, 左側のスイッチ類は、主にドライブに関することで、アイサイトツーリングアシスト系のスイッチや、SIドライブというドライブモードセレクトのスイッチが集約されています。, そしてメーターは、オーソドックスな2眼タイプの中央に4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイが並ぶタイプ。, 4.2インチは今日日小さいと思いますが、フォレスターの場合、それとは別に6.3インチのマルチファンクションディスプレイがあるので、一度に表示できる情報量の不足はあまり感じないのは良いですね。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({

トヨタの新型rav4(ラブ4)の安全性は、競合車の一つスバルの新型フォレスターよりも劣る感じが…。この2台のモデルを比較して、新型RAV4の安全性・安全装備は、どこが見劣りするのでしょうか?トヨタからフルモデルチェンジをして新発売をした新型SUVの安全面の欠点を包み隠さず紹介 … 世界的にSUVの人気は高く多くの自動車メーカーが、多様な車種を開発し市場に投入していますが、そのなかで2016年、2017年と2年連続で世界販売No.1の座を獲得したトヨタ「RAV4」と、高い走破性能と動力性能でコアなファンを多くもつ、スバル「フォレスター」を比較してみます。, トヨタ「RAV4」は1994年に初代が登場し、2019年にフルモデルチェンジした現行車は5代目となるモデルです。, 初代は5ナンバーサイズのコンパクトSUVでしたが、モデルチェンジを重ねるごとに大型化され、現在では堂々たるミドルサイズのSUVに成長しています。, そのため、国内での販売は3代目を最後に見送られ、海外での販売のみとされていましたが、SUV人気の高まりもあり「C-HR」と「ハリアー」の間を埋める車種として、3年振りに国内への回帰が決定されます。, 新型「RAV4」は悪路での走行をイメージした、ワイルドなキャラを前面に押し出し、都会派のSUVとは違う逞しさが魅力となっています。, スバル「フォレスター」の初代は「RAV4」に遅れること3年の1997年に、クロスオーバーSUVとして登場します。, 「レガシィ」と「インプレッサ」の間に位置する「フォレスター」は、そのサイズ感と価格が評価され、北米を中心に世界中で支持を集めます。, 国内ではターボエンジンのパワフルさと、高い走破性をもつことから、高性能SUVとしての評価が高まり、国内外においてスバルを代表する看板車種へと成長します。, 現行の「フォレスター」は2018年に登場した5代目となるモデルで、これまでの代名詞だったターボエンジン搭載車がなくなり、代わってモーターがアシストする e-BOXER をラインナップしています。, 今回比較するグレードは「RAV4」が、ハイブリッドシステムを積む HYBRID Gで、「フォレスター」は簡易ハイブリッドの e-BOXER です。, また、オプションとして「RAV4」にはモデリスタのエアロキットが取り付けられ、「フォレスター」はシルバーステッチが入る、本革のブラウンシートが装着されます。, 「RAV4」は「フォレスター」よりワイドで背が低く、全長が短いボディサイズですが、ホイールベースは長くとられています。, 最低地上高、アプローチアングル、デパチャーアングルともに、「フォレスタ-」が勝り悪路での走破性に優れていて、小回り性能でも「RAV4」を上回っています。, エンジン排気量の大きい「RAV4」は、エンジンの最高出力、最大トルクともに「フォレスター」を上回り、モーターの性能でも「フォレスター」を引き離しています。, 燃費は車両重量が重いにもかかわらず、フルハイブリッドの「RAV4」が、マイルドハイブリッドの「フォレスター」を上回っています。, サスペンションは「RAV4」「フォレスター」ともに、フロントマクファーソン、リアダブルウィッシュボーンの組み合わせで、ブレーキもフロントベンチレーテッドディスク、リアソリッドディスクと同じ構成です。, 駆動方式は「RAV4」がFFをベースとし、必要とされる場合にリアがアシストを行う E-Four 方式なのに対し、「フォレスター」は4輪を常時駆動する、ACT-4(アクティブ・トルク・スプリット)を採用しています。, 「RAV4」はフロントの凹凸を深く複雑にすることで、躍動感を与えるデザインに創り上げ、メッキパーツの加飾も控えているため若々しい印象を与えます。, 「フォレスター」はフロントにメッキパーツを加飾することで、オーソドックスですが重厚で落ち着きのある雰囲気を作り出します。, 「RAV4」は厚く高さのあるボンネットに対して、フロントの開口部をダブルに配置し、トヨタ車のアイコンである顔にデザインされています。, 「フォレスター」は水平対向エンジンの利点を活かし、ボンネットを低くデザインし、フロントはメッキパーツで加飾した、大きなフロントグリルを組み合わせます。, 「RAV4」はボンネットフードを、平坦に近い形でデザインしいるのに対して、「フォレスター」は強い抑揚をつけ力強さを印象づけます。, 「RAV4」はリアコンピネーションランプも含め、水平基調の直線的なラインで構成するリアスタイルです。, 「フォレスター」は緩い曲線で変化をつけ、切れ込みの入ったリアコンピネーションランプが個性を主張します。, 目につくのは「フォレスター」のテールゲートで、開口部を大きくとる形状は、荷物の積載性を高め使い勝手に優れるデザインです。, 「RAV4」のベルトラインはリアクォーターウィンドまで、直線的に走りテールゲートウィンドに繋げています。, 「フォレスター」はリアクォーターウィンドで跳ね上げ、前傾姿勢を意識させるラインの構成です。, また、「RAV4」はテールゲートガラスに緩やかな傾斜をつけ、スタイルに配慮していますが、「フォレスター」はガラスを立て実用性を重視したデザインとしています。, 「RAV4」の新世代2.5Lダイナミックフォースエンジンは、ハイブリッドシステム専用として設計され、熱効率41%を達成する高効率エンジンです。, 「フォレスター」は伝統の水平対向エンジンを、モーターがアシストする、マイルドハイブリッドシステムを採用しています。, 性能ではエンジン排気量の大きい「RAV4」が、「フォレスター」を上回り、モーターの性能でも「RAV4」が勝っています。, 「RAV4」はダンロップグラントレック225/60R18が装着され、「フォレスター」はブリヂストンデューラーHP225/55R18が履かされています。, ホイールは「RAV4」がスーパークロームメタリック塗装で、「フォレスター」はダークメタリック塗装+切削光輝の組み合わせです。, インパネは「RAV4」「フォレスター」ともに、ソフトパッドを使いクラス相応しい質感を追求しています。, 「RAV4」は水平基調のシンプルなラインでデザインされ、「フォレスター」はインパネからドアへ回り込むような形状で、乗員を包み込むように造られています。, 「RAV4」はオプティトロンメーターに、マルチインフォメーションディスプレを組み合わせ、グラフィカルで近未来的な印象を与えるメーターパネルです。, 「フォレスター」はアナログの2眼メーターが並び、中央にマルチインフォメーションディスプレイを配置するオーソドックスなデザインです。, 「RAV4」のマニュアルモードはシーケンシャルシフトを採用し、「フォレスター」はパドルシフトを備えています。, 「フォレスター」のステンレスペダルは、室内に違う雰囲気を創り出す、スポーツテイストの演出に有効なアイテムです。, 「RAV4」は標準装備される合成皮革のシートで、「フォレスター」はオプションの本革仕様シートです。, 「フォレスター」の本革シートは質感も高く、落ち着いた色合いのブランカラーも、エクステリアのイメージと上手くマッチしています。, リアシートは「RAV4」「フォレスター」ともに、余裕のある広さがあり、リラックスできる空間が確保されています。, VDA法によるゲッジスペースは「RAV4」が542L、「フォレスター」は509Lと「RAV4」に軍配が上がりますが、「フォレスター」は広い開口部と立ったテールガラスで、使い勝手と積載性に優れています。, 「RAV4」と「フォレスター」に乗り込んでみると、地上高が高い「フォレスター」はフロアの高さが感じられ、乗り込みのし易さでは「RAV4」に軍配が上がります。, 特にリアシートではこの傾向が顕著で、自然な感じで乗り込める「RAV4」と、足を持ち上げるようになる「フォレスター」の差があります。, 室内に乗り込むと「RAV4」「フォレスター」ともに、SUV独特の視線の高さがあり、前方への視界が大きく開けています。, 「RAV4」の水平基調のインパネは高さが抑えれ、平らなボンネットは車両感覚を掴むのが容易で、車の大きさを感じさせない良さがあります。, しかし、この「RAV4」の視界の良さを「フォレスター」はさらに上回り、光が降り注ぐように明るい室内は、前方だけでなく周囲への視界が開けており、車両感覚の把握に優れるとともに、一次安全性にも大きく貢献しています。, 室内の広さはカタログスペックが示すように、「フォレスター」がやや広く感じられ、肩回りのスペースに余裕があります。「RAV4」はグラスエリアを狭くし、スタイルを優先させているため、「フォレスター」に比べるやや劣る印象です。, インテリアは「RAV4」が使う(遊ぶ)を追求しており、そこには必要以上の加飾や豪華さは備えられず、たとえ泥にまみれになっても気にせず使える、シンプルなデザインの仕上げにしています。, 「フォレスター」は機能の追求とともに、乗員をもてなし所有感を満足させるデザインが特徴で、質感を出すための作り込みも丁重に行われています。, 性格的にはロングツアラーのイメージもあるため、それにも沿ったインテリアは、長い時間の移動を、車内でリラックスして過ごせるように考えられています。, 「RAV4」と「フォレスター」の走りでは、排気量が大きくモーターアシスト能力に勝る「RAV4」が、力強い加速で余裕のある走行をみせます。, 「フォレスター」の e-BOXER はスムーズで、レスポンスの早い加速を示しますが、「RAV4」と比べるとトルクが薄く、スピードの伸びが遅く感じられます。, 登り坂にさしかかると「RAV4」はモーターのアシストが強く働き、軽くアクセルを踏み込むだけで、車速を落とすことなくグイグイと登る感覚ですが、「フォレスター」はアクセルの踏み込み量が多くなり車速の維持に気を使います。, 車両重量は「フォレスター」より50kg重い「RAV4」ですが、それを感じさせないパワーをもつ軽快な走りです。, ハンドリングでは「フォレスター」がクイックな反応をみせ、ダイレクトな感覚はドライブする楽しさがあります。小さな舵角にも敏感なステア特性は、やや鋭すぎる印象がありますが、この感覚に慣れると気持ちの良い操作感が味わえます。, 「RAV4」はマイルドな特性のハンドリングで、扱い易さを重視した設定です。誰が乗っても馴染み易いステリング特性は、反応の早さを求めると少し物足りないのですが、多くの人に受け入れられ易い操作性です。, また、サスペンションは「フォレスター」が硬めの設定で、ロールを抑えた足回りは車の姿勢が過大に変化するのを防いでいます。このこともミドルサイズの「フォレスター」を、扱い易くさせており、スバルのセッティングの巧みさを感じます。, 「RAV4」は柔らかくしなやかな足回りで、「フォレスター」に比べると優しさが伝わります。大きな凹凸でも上手く吸収するサスペンションは、60扁平のタイヤとも相性が良く、カーブでも適度なロール感は、安定したコーナリングを実現させています。, 乗り心地はこの足回りの差があるため、「RAV4」がソフトな感触で「フォレスター」はハードで硬質な印象をもちます。両モデルともに不快な突き上げは少なく、上手くサスペンションで処理しており、この辺りは好みにより評価が分かれる部分です。, 室内の静粛性では「RAV4」がやや有利で、エンジン音が伝わり難く、遠くで音が響いている感覚です。「フォレスター」はエンジンの低回転域では静かですが、高回転になるとエンジンの元気な音が響きます。, 「RAV4」にはBi-Beam LEDやパワーリヤゲート、省エネ性に優れたエアコンなどが標準で装備され、「フォレスター」にはフロントワイパーデアイサー、リヤシートヒーターなどが標準装備です。, 価格はリアモーターを備えるフルハイブリッドの「RAV4 HYBRID G」が、簡易ハイブリッドの「フォレスター e-BOXER」より718,200円高い設定です。, 予防安全性能では「RAV4」の Toyota Safety Senseが、昼夜の歩行者認識を可能としているなど、フォレスターのアイサイト(スバルはアイサイトが夜間の歩行者を認識するとは公表していないが、自動車事故対策機構のテストでは衝突回避が行われている)よりも、システムの対応できる範囲が広く、パーキングサポートの機能でも、「フォレスター」のアイサイトを上回っています。, 「RAV4」と「フォレスター」はミドルクラスSUVとして、無骨な逞しさを感じさせることが、スタイリングのテーマとなっています。, そのなかに「RAV4」は、スタイリッシュなエッセンスを盛り込み、躍動感のある若さを表現しています。, ミドルクラスSUVをアクティブに使い、スタイル性を求めるなら「RAV4」がおすすめで、飾らない室内も使い込む車として考えるなら、納得できるインテリアの仕上げです。, また、予防安全性能も最新の Toyota Safety Sense が装備され、幅広い状況に対応しドライバーをサポートするシステムは、多くの機能で安全性を高めています。, HYBRID G は400万円に近い価格ですが、2.0Lガソリンモデル G であれば装備もほぼ同じ内容で 3,202,200円のプライスです。, 「フォレスター」はそのスタンダードなスタイルが、ムダな部分をなくした機能的な印象を与え、堅牢で落ち着いた雰囲気を作り出します。, 室内も細かい部分まで作り込み質感をもつインテリアは、満足度が高く長く乗っても飽きの来ない仕上がりです。, さらに、悪路の走破性でも「フォレスター」は、高いロードクリアランスをもち、SUVとしての基本性能に優れています。, 「RAV4」が「子供っぽくてイヤだな」と感じるなら、ワイルドで落ち着きのある「フォレスター」はおすすめの車です。, また、簡易ハイブリッドながら e-BOXER は、「フォレスター」のグレードのなかでも、コストパフォーマンスに優れており、価格が低く設定されています。, ただ、インパネのデザインは「インプレッサ」「XV」と基本的に同じで、「フォレスター」を感じさせる独自性がなく、同じ車のように感じてしまいます。, 「スバル車のインパネはどういうものか」を、考え生み出されたデザインなのですが、上級グレードとしての違いがあると、「フォレスター」の魅力はさらに高まると思えます。, 結論としてアクティブなスタイル、エンジンやモーターのパワー、予防安全性能の高さで選ぶなら「RAV4」です。, 機能的なスタイル、ドライブのし易さと愉しさ、悪路の走破性、価格を重視するなら「フォレスター」です。, マツダのコンパクトカー4代目「デミオ」は、魂動デザインコンセプトにより、躍動感と緊張感を持たせたボディデザインを纏って登場して来ました。1.5Lディーゼルターボエンジンと1.3Lガソリンエンジンを搭載し、スポーティーな走りを実現させています。今回は1.3Lガソリンエンジン車の試乗を行ってみました。, 軽ハイトワゴンのホンダN-WGNと日産デイズが2代目へと進化しました。両モデルはクルマの基礎となるプラットホームから開発され、新世代の軽自動車として高い性能を備えています。ハイトワゴンに新しい基準を持ち込んだN-WGNとデイズ比べてみます。比較したのはN-WGNカスタムとデイズハイウェイスターです。, ダイハツ「トコット」とスズキ「ラパン」の比較を行ってみます。「トコット」と「ラパン」は若い女性に向けた車ですが、「トコット」ではこれまでとは違うスタイリングとなり、「ラパン」は一見して女性に向けた車とわかるカタチをしています。それぞれのスタンスで、女性にアピールする「トコット」と「ラパン」の違いを調べてみます。, 軽自動車の代名詞とも言えるスズキ「ワゴンR」と、ダイハツ「ムーヴ」のスポーティテイストを受け持つのが、「スティングレー」と「ムーヴカスタム」です。ともに軽自動車のスペシャリティーカーとして、ライバル関係にある「スティングレー」と「ムーヴカスタム」の比較を行ってみます。, コンパクトSUVサイズで激しく競い合うホンダ「ヴェゼル」とトヨタ「C-HR」を比較してみます。比較するのは「ヴェゼル」に追加された“TOURING”と「C-HR」はG-Tです。どちらもターボエンジンを搭載し、低速から力強い走りをするのが特徴です。「ヴェゼル」「C-HR」それぞれのもつ魅力を比べてみます。, ダイハツ「タント」がフルモデルチェンジを行い4代目となる新型モデルの登場です。近年「タント」はライバルの台頭によりトップの座を失い後塵を拝する結果となっていました。新型「タント」ではダイハツ史上初となる開発を行い、軽自動車初となる装備も備え巻き返しを狙っています。全面刷新した新型「タント」の実力確かめてみます。, ホンダN-WGNがフルモデルチェンジを行い2代目へと進化しました。新型N-WGNではこれまでの、ライバルに追随するようなスタイリングを止め、独自のコンセプトで新しいポジションを確立しようとしています。軽ハイトワゴンの新たなシンプルスタイルを追求した新型N-WGN試乗してみました。, トヨタ「エスティマ」は2016年6月にマイナーチェンジを行い、超ロングランモデルとなりました。マイナーチェンジではフロントグリルデザインが、近年のトヨタデザインの流れで、インパクトのある顔つきに変わっています。流麗なスタイリングで人気のある大型ミニバン「エスティマ」の魅力に迫るべく試乗を行ってみました。, 新型のハイトワゴンダイハツ「トール」が登場しました。「トール」は、これまで乗用車クラスにハイトワゴンを持たなかったダイハツが、満を持して送り出したAセグメントの車です。「トール」は軽自動車では満足出来ない又は、狭くなったと思う層を主な顧客と捉えています。ダイハツ初の乗用車ハイトワゴン「トール」試乗してみました, ダイハツキャスト「スタイル」。キャスト3タイプシリーズでの中で、女性を意識したモデル。「スタイル」の特徴はどこなのか、どんな人が好む車に仕上がっているのか、試乗を通じて長所、短所、織り交ぜて紹介します。, パワーリヤゲート、省エネ性に優れたエアコンなどが標準で装備され、「フォレスター」にはフロントワイパーデアイサー、リヤシートヒーターなどが標準装備です。, スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」トヨタ「ルーミー カスタム G-T」比較してみた.

小柳津林太郎 実家 場所 4, 蟹工船 での 惨状 16, 非常 に 緊張 する 慣用句 4, フレッツ Vpn モバイル接続サービス 7, 多 部 未華子 鹿 男 6, メギド 指名チケット 周期 27, 終末武器 火 スキル 16, 演技 初心者 ワークショップ 11, 原田知世 アルバム 5, Youtube リッキー ギター 42, シリウス 英語 星 59, Apex 世界大会 賞金 7, 世にも 奇妙な物語 おじさん 増える 4, マイクラ 馬 乗り方 Ps4 13, アウトランダーphev バッテリー交換 価格 10, ヒノキ マスクケース 檜原村 14, アップルミュージック プレイリスト 名前 4, ミラティブ 引き継ぎコード 忘れた 24, お つい ち バンドマン 5, セブンティーン モデル 2018 8, 乃木坂46 君が扇いでくれた メンバー 5, 離れ目 モテ る 男 29, Vivi テラハ 身長 16, 鈴木伸之 今日から俺は 体 17, 天王寺 高校 一覧 20,

אהבתם? העבירו את זה הלאה :)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •