¹å¸‚大沢2-21-1 Time to Observe Saturn – Opposition Occurs February 23! Could There Be Life On Saturn's Moon Enceladus? ±å¤œã«å—に見える), この日を境に、天球上を西→東に動く(順行する)ようになる, 太陽から90度東に離れる(日の入りのころ南に見える). 土星は大きさ(環を含まない、赤道部分の直径)が地球の約9倍ある、木星に次いで太陽系で2番目に大きい巨大ガス惑星です。 太陽からおよそ14億km離れており(太陽~地球の約10倍)、30年かけて公転 …

http://books.google.com/books?id=3bQD1DJgliIC&pg=PA5, “Saturn – The Most Beautiful Planet of our solar system”, https://www.webcitation.org/62D9uTOJ0?url=http://www.preservearticles.com/201101233659/saturn-the-most-beautiful-planet-of-our-solar-system.html, https://www.webcitation.org/62D9vKbZz?url=http://nssdc.gsfc.nasa.gov/planetary/factsheet/jupiterfact.html, http://books.google.com/books?id=U4FZp6f6q6MC&pg=PA337, http://books.google.com/books?id=a_ijoTgDhnEC&pg=PA254, Cassini Discovers Saturn's Dynamic Clouds Run Deep, Astronomers Find Giant Lightning Storm At Saturn, https://books.google.com/books?id=M56CHHxVMP4C&pg=PA162, Hubble Space Telescope Observations of the Atmospheric Dynamics in Saturn's South Pole from 1997 to 2002, https://www.webcitation.org/62DA8ZsRl?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/6135450.stm?lsm, NASA Sees into the Eye of a Monster Storm on Saturn, “New images show Saturn's weird hexagon cloud”, https://www.webcitation.org/62DA5Yz33?url=http://www.msnbc.msn.com/id/34352533/ns/technology_and_science-space/t/new-images-show-saturns-weird-hexagon-cloud/, “Hot Plasma Explosions Inflate Saturn's Magnetic Field”, https://www.webcitation.org/62DnY9Cu6?url=http://www.universetoday.com/81713/hot-plasma-explosions-inflate-saturns-magnetic-field/, http://books.google.com/books?id=779fPuQmWeYC&pg=PA136, Scientists Find That Saturn's Rotation Period is a Puzzle, “Enceladus Geysers Mask the Length of Saturn's Day”, https://www.webcitation.org/62DnZvSKY?url=http://saturn.jpl.nasa.gov/news/press-release-details.cfm?newsID=733, Dusty Plasma Response to a Moving Test Change, “NASA's Cassini Spacecraft Continues Making New Discoveries”, https://www.webcitation.org/62DnbG4WW?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2005/02/050225110106.htm, “Cassini Discovers a Kinematic Spiral Ring Around Saturn”, http://ciclops.org/media/sp/2007/2672_7431_0.pdf, “Cassini Dust Measurements at Enceladus and Implications for the Origin of the E Ring”, http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/311/5766/1416, Cassini Probe Spies Spokes in Saturn's Rings, “Saturn's 'Ice Queen' Moon Helene Shimmers in New Photo”, https://www.webcitation.org/62DnbkDpz?url=http://www.space.com/12032-saturn-moon-helene-photo-cassini.html, “Tenuous Oxygen Atmosphere Found Around Saturn's Moon Rhea”, https://www.webcitation.org/62Dncp9IE?url=http://www.universetoday.com/8023/tenuous-oxygen-atmosphere-found-around-saturns-moon-rhea/, “Thin air: Oxygen atmosphere found on Saturn's moon Rhea”, https://www.webcitation.org/62DnctqqW?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2010/11/101128222041.htm, “Oxygen found on Saturn moon: NASA spacecraft discovers Rhea has thin atmosphere rich in O2”, https://www.webcitation.org/62DndEEUw?url=http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1333294/Oxygen-Saturn-moon-Nasa-spacecraft-discovers-Rhea-atmosphere-rich-O2.html, “Cassini reveals oxygen atmosphere of Saturn′s moon Rhea”, https://www.webcitation.org/62DneNysk?url=http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/whycassini/cassini20101126.html, “Cassini Finds Hydrocarbon Rains May Fill Titan Lakes”, https://www.webcitation.org/62Dnf8QFF?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2009/01/090129182514.htm, https://www.webcitation.org/62DnfbYNf?url=http://www.msnbc.msn.com/id/14029488/ns/technology_and_science-space/t/evidence-hydrocarbon-lakes-titan/, “Hydrocarbon lake finally confirmed on Titan”, https://www.webcitation.org/62DngLEx4?url=http://www.cosmosmagazine.com/news/2109/ethane-lake-finally-confirmed-titan. 。土星を司る神はヘレニズム文化圏において、農耕神ニヌルタから、同じく農耕神クロノスへと置き換わった 。 ヘレニズム時代にはアレクサンドレイアのプトレマイオスが、西暦127年3月26日と133年6月3日と136年7月8日に土星の衝を観測した:244 。 Potential solar system sites pop up”, https://www.webcitation.org/62DnhtWmA?url=http://www.usatoday.com/tech/science/space/2005-09-28-solar-system-life_x.htm, Enceladus: Saturn′s Moon, Has Liquid Ocean of Water, “Strongest evidence yet indicates Enceladus hiding saltwater ocean”, https://www.webcitation.org/62DnjNuaJ?url=http://www.physorg.com/news/2011-06-strongest-evidence-icy-saturn-moon.html, “Saturn′s moon Enceladus shows evidence of an ocean beneath its surface”, https://www.webcitation.org/62Dnk6EPJ?url=http://www.washingtonpost.com/national/health-science/saturns-moon-enceladus-shows-evidence-of-an-ocean-beneath-its-surface/2011/06/22/AGWYaPgH_story.html, “Cassini Captures Ocean-Like Spray at Saturn Moon”, https://www.webcitation.org/62DnkyeG2?url=http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/whycassini/cassini20110622.html, https://books.google.com/books?id=sQtOAAAAQBAJ&pg=PAPT480, Ptolemy's Planetary Mean Motions Revisited, https://books.google.com/books?id=2zSFCwAAQBAJ, http://books.google.com/books?id=ScORNbV0E8wC&pg=PA1, http://books.google.com/books?id=cSADAAAAMBAJ&pg=PA862, https://books.google.com/books?id=DQcG2vHEKa8C, https://books.google.com/books?id=XV-eDgAAQBAJ, https://web.archive.org/web/20071016182307/http://findarticles.com/p/articles/mi_qa4015/is_200301/ai_n9338203, Cassini Spacecraft Reveals 101 Geysers and More on Icy Saturn Moon, NASA's Cassini Discovers Potential Liquid Water on Enceladus, “Enceladus named sweetest spot for alien life”, http://www.nature.com/news/2011/110531/full/news.2011.337.html, Saturn's Enceladus Moves to Top of "Most-Likely-to-Have-Life" List, https://www.webcitation.org/62Dno9eEL?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6449081.stm, https://www.webcitation.org/62Dnp4804?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6135450.stm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=土星&oldid=80462511. アッシリアやバビロニアの天文学(英語版)では、紀元前2000年ごろから土星を含む太陽系の五惑星(水星、金星、火星、木星、土星)が組織立った観測の対象となり、その運行が粘土板に記録された[111]。古代メソポタミアの天文観測を牽引した原動力は数秘術、占星術であり[112]:V.42.、土星には農耕や狩猟の神ニヌルタが住むと考えられた[12]:85。バビロニアの天文観測は紀元前3世紀頃(セレウコス朝期)から精緻化し、ヘレニズムの天文学に受け継がれる[112]:V.42.。土星を司る神はヘレニズム文化圏において、農耕神ニヌルタから、同じく農耕神クロノスへと置き換わった[113]。, ヘレニズム時代にはアレクサンドレイアのプトレマイオスが、西暦127年3月26日と133年6月3日と136年7月8日に土星の衝を観測した[114][115]:244。プトレマイオスはこれらの観測結果を基準にして、ジオセントリック・モデルの体系における土星の誘導円、周転円の半径、誘導円の近点軸、誘導円と地球の距離等、土星の軌道要素を得た[114][116][117]。プトレマイオスの体系は、占星術のために実用的な程度には正確に、凶星とされる土星が関わる天文現象を予言しつづけ、16世紀のコペルニクスによる再検証までは「完璧」な体系であった[115]:244[116][118]:17。, ヴェーダ時代(英語版)のインドでは、宗教的な供儀を適切な日時に実施するため天文学(ジョーティシャ(英語版))が重視され、天空上の27又は28の星宿(ナクシャトラ)を基準に、土星を含む五惑星と日月の運行が観測された[119]:214-218。前7世紀頃の天文書『ヴェーダーンガ・ジョーティシャ(英語版)』によると、天には、太陽と月、五惑星、ラーフとケートゥの9つの天体(ナヴァグラハ)があるとされ[119]:214-218[120]:44、サンスクリット語で「シャニ(Śani)(英語版)」と呼ばれる土星は、月の交点に存在を措定されたラーフとケートゥとともに凶星と考えられた[120]:88。4~17世紀に成立した『マツヤ・プラーナ(英語版)』や『パドマ・プラーナ(英語版)』などのプラーナ文献には「シャニ」が骸骨の体を持ち、ハゲタカに乗り弓矢をつがえ、人が一生になした善事と悪事を見張るなどとあり、バラモンの秘儀を支える技術であったジョーティシャはヒンドゥー文化の一つとして形而上的な肉付けを得た[120]:44。, 古代中国でも五惑星は重要な観測対象であり、土星は運行が緩慢であり星色の変化に乏しいため「塡星(鎮星)」と呼ばれた[12]:87。『礼記』の月令によると塡星は天空を鎮める星で、五穀豊穣をもたらすとされている[12]:100。前3世紀の鄒衍の説から発展した五行説に五惑星を当てはめる場合、塡星は土徳に配当された[12]:100。このため漢字文化圏では、当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ[12]:87。五行説の流行した中世(魏晋南北朝時代)において、土星は福星とされた[121]:379。, 中国においては、漢代の一時期を除いて宇宙構造論があまり発達しなかった一方で、「星辰の変」は為政者に発せられた天の警告であると考えられて克明な天象観測記録が続けられた[122]:17-32。唐代のインド系占星術者、瞿曇悉達が著した『開元占経(中国語版、英語版)』には、南朝宋の劉裕が、塡星が太微に入ったという観測結果を臣下が隆昌する吉兆と解釈し、東晋の皇帝を廃した事例が紹介されている[121]:379。, 天文暦学書の私蔵を禁止するなど国家経世の学として発展した中国の天文占星の学も唐代には崩れ、個人の運勢を占う星占いが流行する[122]:17-32。中東ヘレニズム文化圏でも事情は似て、星占い関連の出土パピルスがプトレマイオス王朝時代以後に急増する[112]:III.28.。前出のプトレマイオスは、エジプトに流れ込んできたこうした思想文化を集大成した占星術書『テトラビブロス』において、土星がまがまがしい凶星と述べている[118]:17。人文科学面で古典期ギリシアの遺産を受け継いだローマ人は、ギリシアの農耕神クロノスを自分たちの神話における農耕神サートゥルヌスと同一視し[12]:86-89、土星を凶星とみなす思想文化も受け継いだ[118]:17。, 古代ヘブライ語では、土星は「Shabbathai」と呼ばれた[113][123]。エジプトでは土曜日を土星が支配する曜日と考えられていて、ユダヤ人もローマ人もその思想文化を受け継いだ[12]:86-89。ローマ時代以後、農耕神クロノスと、時を擬神化したクロノスが名前の類似から混同されて、土星は「時の神」であるということにもなった[117]。西洋占星術等において土星は "♄" により示されるが、その使用は10世紀以前には遡らない[117]。"♄" はクロノスの鎌と言われることもあるが、アラビア数字の"5"の変形である[117]。, 土星の環を観察するには、少なくとも15mm口径の望遠鏡が必要で[124]、1610年にガリレオ・ガリレイが試みるまでその存在は知られていなかった[125][126]。観察した様子からガリレオは2つの衛星が土星の脇に見えているとしたが[127][128]、この考えは、クリスティアーン・ホイヘンスがより高性能の望遠鏡で倍率を上げ行った観察で否定された。ホイヘンスは衛星タイタンを発見し、後にジョヴァンニ・カッシーニが1675年に衛星イアペトゥス、レア、テティス、ディオネを相次いで発見し、さらに見つけた環の間隙には彼の名が冠された[129]。, 1789年、ウィリアム・ハーシェルによってより遠方の衛星ミマスとエンケラドゥスの発見という重要な偉業がなされた。タイタンと軌道共鳴する異形の衛星ヒペリオンは1848年にイギリスのチームが発見した[130]。, 1899年にウィリアム・ヘンリー・ピッカリングが発見した衛星フェーベは典型的な不規則衛星で、大きな衛星に見られる自転と公転の同期状態に無かった[130]。フェーベはこのような種類としては初めて発見された衛星で、一年以上の周期で逆行軌道を取る。20世紀前半に進んだ研究を経て、1944年にタイタンが濃い大気を持つ太陽系の衛星では珍しい特徴を持つ事が分かった[131]。, 土星は肉眼でもはっきり見える5つの惑星の中で最も遠くにある。夜空に輝く明るい黄身がかった光の点は、等級にすると通常+1から0である。土星が黄道十二星座の各星座を背景に黄道を一周するには29.5年がかかる。ほとんどの人にとって、土星の環を観察するには大きな双眼鏡や望遠鏡など少なくとも20倍以上拡大できる光学機器が必要になる[25][124]。, ほとんどの時間に空にある土星と環を見る事ができるが、特に衝(太陽から離角が180度の正反対の位置)の時が観測には好ましい。2002年12月17日の衝では、土星の環の明るい面が地球軌道を向けており[132]、2003年末には地球や太陽に最も近づいた土星の姿が見られた[132]。, 1979年、探査機パイオニア11号は雲の上空20,000kmを通過し、初めて土星に接近した。解像度が低く詳細を識別するには至らなかったが、惑星やいくつかの衛星を画像に収めた。また環の調査も行い、薄いFリングの存在、そして環の暗い空隙部分を太陽に対して位相角 (天体)(英語版)が小さい状態で観察すると輝いて見える事を発見した。後者は、軽く光散乱性を持つ物質がある事を示す。さらにパイオニア11号はタイタンの温度も測定した[133]。, 1980年11月、探査機ボイジャー1号が土星系に接近し、惑星や環および衛星の高画質映像を初めて撮影し送信した。こうして、さまざまな衛星が持つ表面の特徴が明らかになった。さらにタイタンへの接近も行われ、大気についての知見を深め、可視光線が通過しないため地表の観測ができないことが判明した。最後にボイジャー1号は軌道を変え、太陽系外に向かった[134]。, およそ1年後の1981年8月、ボイジャー2号によって土星系研究は続けられた。より接近した衛星の画像が得られ、大気や環の情報が更新された。しかし、カメラのプラットホームがトラブルから2日間稼動せず、予定されたいくつかの撮影が出来なかった。最後にボイジャー2号は土星の重力を使って軌道を変更し、天王星に向かった[134]。, NASAと欧州宇宙機関 (ESA) 共同の探査機カッシーニは1997年に打ち上げられた。カッシーニは探査機本体をNASA、ホイヘンス・プローブをESAが担当した[136]。2004年6月、土星に接近し、高解像度の画像を送ってきた。同年7月1日、土星周回軌道に乗り長期間探査 (SOI, Saturn Orbit Insertion) を開始した。, 探査機は土星最大の衛星タイタンに接近しレーダー探査を行ったところ、大きな湖と数多い島や山を持つ海岸線が発見された。カッシーニは2度タイタンに接近し、2004年12月25日には小型のホイヘンス・プローブを投入した。ホイヘンスは2005年1月14日にタイタンを降下しながら膨大な情報を送信し、地表に着陸した[137]。, 2006年にNASAはカッシーニが土星の衛星エンケラドゥスに、間欠泉として噴き出す液体の水が溜まっている証拠を見つけたと発表した。画像は、エンケラドゥスの南極域から氷の粒子が土星を廻る公転軌道上に放たれている様子を掴んでいた。カリフォルニア工科大学のアンドリュー・インガソルは、「太陽系の中で、液体の水を持つ他の衛星は数キロメートルもの氷の層で塞がれている。ここ(エンケラドゥス)が違うところは、液体の水が溜まっている所が表面から10mと無い場所なのだろう」と推察した[138]。2011年5月、NASAのエンケラドゥス観測グループ会議の科学者は、エンケラドゥスが「地球の外にある太陽系内で、私たちが知りえる中で生命にとって最も生育に適している」と報告した[139][140]。, カッシーニの画像は他にも重要な発見をもたらした。明るい土星の環の主要部分とG・Eリングの間に未発見だった環が存在することを明らかにした。この環をつくる材料は、2つの衛星に流星が衝突して供給されたと考えられている[141]。2006年7月、カッシーニの画像からタイタンの北極近くに炭化水素の湖が存在する証拠がもたらされ、これは2007年1月に確定された。同年3月にはカスピ海ほどの大きさの湖も捉えた[142]。一方、2006年10月には土星の南極にある直径8000kmもある六角形の嵐が、台風の目を持つ事を突き止めた[143]。, 2004年から2009年11月2日までの間に、カッシーニは8個の新しい衛星を発見した。当初の任務は土星を74周して達成されたが、2010年9月までの運用継続が決まり、さらに土星の季節変動を研究するために2017年まで再延長された[144]。そして2017年9月に運用を終了し、土星大気に突入して消滅した[145]。, 2007年には、ESAが将来の宇宙探査ミッションの候補の一つとして、NASAとの共同による土星圏探査ミッション「タンデム計画」を選定した。土星本体とタイタン、エンケラドゥスが主目標であり、タイタンの大気中に気球を送り込むことも計画されている。, 「土星は一つではなく3つの星の集まったものです。それらはお互いに結合しており、動いたり変化したりすることはありません。これらは黄道上を同様に行き来し、中心になる土星と、その横にリングのようにくっついた構造をしています。」, このような構造がなぜ出来上がったかについて様々な憶測がある。ほとんどの天文学者は、大気中にいくつかの定在波パターンが生じた結果というが、ある種の.

マツモ メダカ 食べる 18, 冨岡義勇 コスプレ メイク 4, うたばん 嵐 遅刻 16, 一致の定理 複素関数 論 5, ドイツ語 Von 例文 12, Una Sera 意味 6, 花より男子 道明寺 婚約者 30, 新生児 腹囲 大きい 6, 性格悪い 英語 スラング 10, 堀ちえみ 家 動画 26, できれば 遠慮して ほしい 英語 4, 伊藤綾子 最新 ブログ 14, Jr九州 総合職 難易度 12, 減る 英語 形容詞 9, Msc Rossella 動静 9, Pubg ベクター 弱体化 36, Windows10 最適化 Step 13, アイランド 韓国 メンバー 47, 都立中 2020 ブログ 4, 可愛いだけ じゃ ない 式守さん アニメ 15, アマゾン アカウント 名前 知恵袋 15, ウォーキングデッド ゾンビ 呼び方 18, 自首 証拠 なし 32, 在宅ワーク バイト 事務 5, インビジブル 映画 無料 22, Ark テイム数 上限 Ps4 5, 天気の子 感想文 題名 6, 宝塚 面接 項目 12, 鬼滅 最終回 2ch 13,

אהבתם? העבירו את זה הלאה :)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •