※2020年8月時点での規制対象国(EU加盟国)は、下記の通りです。 フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、チェコ、エストニア、マルタ、ドイツ、ルクセンブルク、ギリシャ、フィンランド、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、リトアニア、ブルガリア、オランダ, The regulated countries are as follows.

©Copyright2020 3分間ながら読みではじめるJポップストーリー.All Rights Reserved.

※GDPR(EU一般データ保護規則)対象国から歌ネットをご利用いただくことができません。. 林部智史の「瑠璃色の地球」歌詞ページです。作詞:松本隆,作曲:平井夏美。(歌いだし)夜明けの来ない夜は無いさ 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 『瑠璃色の地球』(松田聖子)の歌詞は、1986年(昭和61年)に発表されて以来、実に多くの人々の熱い想いを受け止めてきた歴史を持っている。, J-POPのトップアーティストから、高校生による合唱曲に至るまで、20人を超える様々な歌い手によってカバーされてきたという事実。, ファン投票によって収録曲が決まる企画アルバム『Another Side of Seiko 27』においても、非シングル曲中、堂々の1位を獲得した事。, それほどまでに、多くの人々を惹きつけて止まない『瑠璃色の地球』の歌詞の秘密を、知りたいと思い、頭を1986年の時点に戻して、あらためて聴き直してみたら…。, 『瑠璃色の地球』は、1986年に起きた「スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故」への追悼の念から生まれた歌ということ。, この歌は、女性宇宙飛行士の魂が、この世を去る瞬間、人生のパートナーと母なる地球に向けて贈った最期のメッセージ・ソング。, 既婚の女性宇宙飛行士が、この世を去る最期の言葉として、パートナー(夫)への感謝の念を述べ、自分の死を(二人が)前向きに受け止めることで、救済の日が到来することを確信している(「自愛」)。, 救済の喜びを万人と分かち合う「他愛」に転嫁させることで、(事故が起こっていなければ)宇宙から見たであろう地球と、そこで生きる全ての人々への「全体愛」(=神の愛)にまで昇華している。, まさに「愛」の弁証法的発展とも言える荘厳なイメージか、1番、2番、リフレインと順序良く、簡潔にまとめられている。, この歌のフォース(力)は、こんな深い真意から発しているワケだ。20人の歌い手たちの想いを受け止めて、なお余りあるものだ。, この歌の主人公は、最後の瞬間に「救済と希望」への想いを、残されたパートナーと世界中の人々に贈った。, 絶望するほど、辛い現実が長く続いていたとしても、「希望」を失わず前に進めば、人には必ず「救済」の日が来るはずー。, 迫りくる自らの最期を省みず、我々に届けようとした彼女の想いは、今なお空に光輝いているー。, 女性宇宙飛行士として、スペースシャトル・マコーリフ号に搭乗したが、船体の不慮の事故によって、仲間のクルーと共に空に散った。, 『瑠璃色の地球』の歌詞の内容は、事故発生から船体消滅までのわずか3分間に、地上にいるパートナーとすべての人々に託した魂のメッセージだ。, 彼女の放つ力強いメッセージは、次の5つの内容を含んでいるーぜひ心して受け止めて欲しい。, 最期の瞬間、スペースシャトルのガラス窓から、広大な銀河に浮かぶ青い地球を見た彼女の胸に沸き起こった、深い愛に満ちた想いなのだ。, ーなぜ、こんな深い想いが、わずか数分の間に次々と彼女の胸に沸き起こったのだろうか。, 悲劇は、シャトルが地球に帰還するためには避けて通れない、「大気圏再突入」の中で起こりました。, 想像を絶する過酷な宇宙空間では、針一本ほどのささいな出来事が、大惨事の原因になり得るのです。, マコーリフ号は、離陸時に発生していた小さな機体損傷が原因で、地球への帰還を目の前にして、空中分解の大惨事に見舞われます。, シャトルのガラス窓からは、瑠璃色の輝きを放ちながら、青い地球が静かに広がっていました…。, 結婚して間もない頃に、二人で訪れたハワイの岬の灯台の下で、二人は手をつないで暗い海を見ていました。, 自分はどんなことがあっても、死ぬことはないという確信のような不思議な感情が、沸き起こって来ました。, ジェニファーは、力の限り叫んだつもりでしたが、遥か遠く離れた地上には届きませんでした…。, ジェニファーとハズは、手をしっかりと手を繋いで、水平線の彼方から射し始めた朝陽を見つめていました。, その瞬間、目が眩むような白い光が、物凄い速さで海原を這い進み、岬の先端に佇む二人を包みました。, マコーリフ号は、突然明るく輝いた後、白い閃光をテキサスの夜空に曳いて、すぐに消えた。, 長時間おつき合い頂いたが、以上が『瑠璃色の地球』の歌詞から生まれた仮想ストーリーだ。, 歌のテーマ「希望と救済」の底に流れているのは、個人を超える地球規模の普遍的な愛の力だ(神の愛=アガペーに近い)。, 21世紀のニッポンにおいても、これまで以上の苦しい現実が待ち受けていることだろう。この歌は、これからも、多くの人々の心を照らし続けるはずだ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 瑠璃色の地球 【作詞】松本 隆 【作曲】平井 夏美 夜明けの来ない夜はないさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた 悩んだ日もある哀しみに くじけそうな時も あなたがそこにいたから 生きて来られた 朝陽が水平線から 光の矢を放ち 神戸在住の作詞家、松本隆さんが有志と立ち上げた「『瑠璃色の地球』chorus~みんなで瑠璃色の地球を歌おう」が、SNS上で話題を呼んでいる。 「瑠璃色の地球」を歌った動画を投稿してもらって、それを集めて動画共有サイトのユーチューブにアップするという取り組みだ。 You cannot use Uta Net from the countries covered by GDPR. 『瑠璃色の地球』(松田聖子)の歌詞は、1986年(昭和61年)に発表されて以来、実に多くの人々の熱い想いを受け止めてきた歴史を持っている。 J-POPのトップアーティストから、高校生による合唱曲に至るまで、 20人を超える様々な歌い手によってカバーされてきた という事実。 France, Belgium, Denmark, Sweden, Czech Republic, Estonia, Malta, Germany, Luxembourg, Greece, Finland, Slovakia, Latvia, Romania, Italy, Spain, Austria, Hungary, Lithuania, Bulgaria, Netherlands.

松田聖子の「瑠璃色の地球」歌詞ページです。作詞:松本隆,作曲:平井夏美。(歌いだし)夜明けの来ない夜は無いさ 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。

ダルビッシュ ナックルカーブ 投げ方 23, ダイソー サンシェード 吸盤 15, 魔女の家 笑い話 変化 51, 2020 ドラマ Dvdラベル 29, プラトニック 堂本剛 演技力 6, 化石の 掘り 方 34, 西岩部屋 #若小菅 引退 6, 仁王2 逢魔が時 メリット 20, 芸能人 バイク 免許 10, ディー ゴードン 盗塁 4, Drv 320 電源 入らない 14, バンド 演奏力 ランキング 15, バーモントカレー Cm 歴代 29, 麒麟がくる 薬物 誰 30, 川魚 塩焼き 関西 15, 近藤夏子 アナウンサー 目 12, 多 部 未華子 鹿 男 6, ソフトボール 守備 役割 13, ピカ☆ンチ Life Is Hardだけどhappy 無料視聴 9, ドラゴンマークトフォーデス 皇女 武器 15, マッチョ 女子 日本人 8, 暑中見舞い 2020 デザイン 無料 9, グラブル シルバームーン グラシ 52, 新版k式発達検査 上限 下限 46, エン ジャパン 組織 図 8, Trailing 意味 金融 4, 紅白 氷川きよし 2019 4, アークナイツ ドクター ケルシー 11, メタル ギア 映画 中止 5, His 映画 主題歌 4, 半沢直樹 渡真利 裏切り 46, ヤクルト 日本一 2001 4, 干渉する 英語 機械 5, ブラマヨ 吉田 嫁 金沢 6, セロトニン サプリ 市販 おすすめ 8, Abematv 画面録画 Iphone 2020 11, 人間失格~たとえばぼくが死んだら 新 見 7, Atsumare Doubutsu No Mori Rom 9, From The Seeds 上白石萌音 歌詞 9, パチスロ実践 松本バッチ Youtube 16, キノガッサ 育成論 プラチナ 17, 踊れる デブ 芸能人 8, Mazda North American Operations Address 4, 堀 北 真希 休日 4, 進撃の巨人 挿入歌 クリスタ 23, 昭和 演歌 歌詞 5, ミミッキュ 持ち物 ランキング 6, 生駒里奈 髪型 最新 4, ハイエース ダークプライム2 モデリスタ 13, 葵 読み方 き 7, チケットぴあ 支払い 後 8, 元号 漢字 一覧 6, 輝く未来 ソロギター Tab 14, びーふ る 3d 立体インナーマスク 11, 半沢直樹 原作 あらすじ 4, シン テレワーク システム アン インストール 方法 56, ガープ 赤犬 なんj 39,

אהבתם? העבירו את זה הלאה :)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •