テーマを変更した理由は Mac の環境のデフォルトの aqua テーマでは、無効の状態であることがややわかりにくかったため、無効の状態がわかりやすい classic テーマを設定しました。, ボタンを押した状態のままにするには、以下のコードのように state メソッドに 電脳世界 > プログラミング・開発環境構築 > Python3 > Tkinter > 【Tkinter】ボタン(Button)の使い方, Tkinterのボタン(Button)ウィジェットの使い方について解説します。ボタン(Button)は文字や画像を表示し、その名の通りユーザーがマウスでクリックすることでそのボタンを「オン」にすることができるウィジェットです。, ButtonはTkinterのウィジェットクラスの1つで、マウスでクリックすることで状態を「オン」にすることができるボタンを生成できます。, Buttonウィジェットを生成して配置するには他のウィジェット同様次のように記述します。, このボタンにはまだ「押された時の処理」を定義していないため、押すとへこむ以外の機能はありません。, ボタンを押した時の処理を追加するにはButtonを作成する際、command引数に処理内容を渡すよう記述します。, 22行目から24行目でボタンを押した時の処理をbutton1_clicked関数として定義し、26行目でbutton1インスタンスを作成する際にオプション引数commandにbutton1_clicked関数を指定しています。, 24行目で使用しているquit() は全てのウィジェットに実装されているユニバーサルメソッドのひとつです。, 表示されるウィンドウは先ほどとおなじですが、今度はボタンをクリックするとアプリケーションが終了します。, Buttonウィジェットを作成する際は次のオプション引数を使用することができます。, 今度はラベルとボタンのテキストを変更したのと、ボタンを押した時にアプリケーションを終了するのではなくボタンに表示されている文字列が変更されるようになりました。, 頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。反映まで数日かかる場合もございますがご了承下さい。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Tkinterのボタン(Button)ウィジェットの使い方について解説します。ボタン(Button)は文字や画像を表示し、その名の通りユーザーがマウスでクリックすることでそのボタンを「オン」にすることができるウィジェットです。 1 / クリップ リサイズなど画像の処理をする場合、下のコードの指定の場所に記述してください。, まず、Imageで画像を開き、Imageの形で、画像の加工をします。 今回は、Python3のTkinterというライブラリを使い、ちょっとした画像加工アプリ(exe形式)を作るチュートリアルを行います。, かなりハードルを下げた構成にしています。オブジェクト指向は取り入れていません。一から順にみていくのもいいし、分からない部分の解説だけみていくのもアリかなと思います。, このチュートリアルはあくまでTkinterのチュートリアルであってpythonや画像加工の解説ではないです。また、最低限のpythonの文法くらいはおさえて挑んでください。, 筆者の環境:windows10 ノートpc※ MacOSでもexeファイルを実行できる手立てはあるようなので、多分大丈夫だと思います。, pythonパッケージは、標準で搭載されているものもあれば、各自でインストールを行わなければ使えないものもあります。, なので今回は、「cv2」というパッケージをインストールする必要があります。これは、画像を加工する際に便利なパッケージです。, これを見ている人は大抵テキストエディタを使っていると思いますが、もし使っていないという方がいれば、以下をおすすめします。, ちなみにTkinterリファレンスです。今回使っていないプロパティなどはここに全部載ってますので、リファレンスと当チュートリアルを平行で見ていくのがいいかなと思います。, デスクトップを右クリックし、新規作成からフォルダーを作成、名前は分かりやすいように「tk_app」にしておきます。, その「tk_app」の中にテキストドキュメントを新規作成し、名前を「main.py」に変更します。, 「main.py」の「main」の部分は好きな名前でも結構ですが、拡張子(ドット以降の文字)は、必ず「py」にして下さい。, main.pyをテキストエディタで開くと、もちろんながら、まだ何も書いてありません。, プログラムが実行されたときに実行する処理をこの中に書きます。tkinterでは主に描画するプログラムをここに書きます。, メインウィンドウを生成して描画する。この2つの処理はtkinterにおいて必須となります。, コピペしたらしっかり保存し、コマンドプロンプトで「main.app」のあるディレクトリまで移動します。, 真っ白のウィンドウが表示されました。これからは、このウィンドウに肉付けしていく感じでどんどん機能を追加していきます。, 先ほどは最低限の処理でウィンドウを表示させましたが、流石に寂しすぎますね。タイトルやウィンドウサイズを指定しましょう。, root.geometry("縦x横")でウィンドウサイズを指定します。xはアルファベットの小文字エックスです。紛らわしいですね。, root.resizable(縦,横)でウィンドウサイズ変更の可否を指定します。例えば縦方向だけ変更可能にしたい場合はroot.resizable(1,0)になります。, root.configure()でrootの設定を指定します。root.configure(bg="white")で、rootの背景を白にします。, tkinterにおけるウィジェットとは、テキストや入力ボックスなどのパーツを指し、それらのウィジェットを組み合わせてGUIアプリケーションを作っていきます。, 下記2行のコードを「main.py」の### この下に描画内容を書く ###の下にコピペしてください。, 表示方法を括弧内で指定します。anchor="nw"で左詰め&上詰めで描画します。東西南北の英語の頭文字(w,e,s,n)をとったもので、例えば単に左詰めの場合はanchor="w"とします。, ウィジェットは、Labelのほかにもたくさん存在しています。ついでにボタンも設置してみましょう。, rootが縦横いっぱいに広がっていて、そこにウィジェットが上から詰められる感じですね。, 基本はこのpack()を使って描画しますが、ほかにも表形式に描画するgrid()もあります。, row:行、column:列。btn1を1行目1列目に配置することを指します。0から始まるので注意。, Frameという特殊なウィジェットを使い、複数のウィジェットをひとつのウィジェットとして扱う事が出来ます。これはtkinterにおいて大事な要素の1つなので、必ずおさえておきましょう。, こんな感じで、フレームを作成した後、そのフレームを親としてラベルとボタンを生成します。, ここまでは基本中の基本です。それでは実際にアプリケーション開発に取り掛かりましょう!, ※ プロパティ毎の解説は最低限にしていますので、このリファレンスと並行して確認するとよりいいのかなと思います。(クロームの翻訳機能使えます), padx, padyは、ウィジェット外側の余白。fill="both"は縦横いっぱいに配置する。expend=1で、Frameを親(root)のサイズに依存するようにします。, では実行。こちらでは、分かりやすいようにFrameの背景を黒にしています。周りに3pxの余白があることを確認。, まず、一番上でttkをimportします。ttkとは、tkinterの拡張機能のようなもので、いくつか使えるウィジェットが増えます。, column=(1,2)で、列を生成します。1,2とは別名のことで、文字列で命名することも可能です。show="headings"は、今回使用する表形式のウィジェットのことです。height=6で表示数を6件にします。, 新しいことはside="left"くらいですかね。これは、親要素の幅の許す限りウィジェットを左詰めしていくみたいなイメージです。ワード等の右側折り返しみたいな感じで。, Tkinterの仕様上、gridとpackを同じ階層で使う事が出来ません。なので、まずはFrameを用意し、その中でgrid配置を行います。, チェックボックスを設置する前に、チェックボックスの値を保持する変数を作っておく必要があります。単にTrueまたはFalseではなく、Tkinter特有のBooleanVarというもので管理されます。, configureのvariableで先ほど作ったチェックボックス用の変数を指定します。, 特殊なFrameのLabelFrameを使います。こんな感じで、タイトルと枠線でなるFrameです。, relief="groove"は、フレームのデザインです。labelanchorはラベルの位置です。主に使うのはnw(北西), n(北), ne(北東)です。, 実はpadx,padyは、タプルで指定することもできます。pady=(0,5)で、下方向のみの余白を設定します。, Entryウィジェットは、テキスト入力欄です。似たものにtextがありますが、textは複数行、Entryは一行という違いがあります。, insertで、入力欄に初期値を持たせます。本来はend(末尾)に文字列"img"を挿入するというものですが、もともと何も入っていないので初期値設定として使えます。, state="readonly"で手書き変更不可に。valueで選択肢を指定します。, プログレスバーは、maximumで最大値を設定して、valueで値を反映させます。orientで水平バーか垂直バーを指定します。, これまでは、ただひたすらレイアウトを整えていくだけでしたが、これからは、それに動的な処理を付け加えていきます。, addBtnのプロパティを追加します。command=関数名 でボタンを押したときに呼び出す関数を指定します。, askopenfilesで複数のファイルを参照するウィンドウを開き、リスト形式で返されるパスをpathsに代入します。filetypesで、参照できるファイル形式を指定します。, ループでpathsを抜き出し、ファイル名をf_path_listに追加していきます。また、imgListにナンバーとパスをインサートし、msgListにメッセージとして一番上(0番目)にインサートします。, 「リネームする」のチェックボックスがクリックされたときのアクションをrename_status関数に指定します。, チェックボックスのチェック状態は、.get()で取得出来ます。チェック中:True、チェック無し:False。, こちらはfNameLbl.configure(fg=fg)と同じ意味ですが、簡素さ重視で直接代入しています。まとめると、前半の分岐でfgとstateで文字の色と状態を決め、それを後からまとめて代入しています。, リネームのチェックを外したら、右側の設定欄が操作できなくなります。これは、入力欄とチェックボックスのstateをdisabled(操作不可)に、ラベルのカラーを#666666に設定したためです。, askdirectoryは、フォルダのパスを参照するもので、そのパスをacv_pathに代入します。そのあと、acv_pathの中身によって分岐します。, それぞれの項目をgetで取得し、変数へ代入。その下で、入力チェックを行います。reの正規表現を使っています。, ループで抜き出されるpathのパスにある画像データをcv2.imread()でimg_dataに代入します。, ここでファイル名と画像サイズを決定します。cv2.resizeで簡単にサイズを変えれます。, 縦幅は指定された横幅と元の画像サイズで決まります。[変換後縦 = 変換後横幅 / 変換前横幅 * 変換前縦幅], 例外処理で、出力メッセージを分岐させます。最後に、進捗バーを満タンにします。処理中は描画処理がないので、これはただの飾りとなってしまいました。, 最後に、「リネームする」の出力結果例の内容を入力欄の内容の変更に伴って同期させるようにします。, rootの設定の真下にこいつをおきます。キーボードが押されたとき、クリックされたとき、クリック状態から離れたとき、にrename_disp関数を実行します。, rename_disp関数では、入力されている項目をもとに更新させます。bindを使うときは、引数が一つ必要なので注意しましょう。, このコマンドを実行して、少し待ちます。コンソールアプリケーションの場合は--noconsoleは消してください。, [Python3] Tkinterでちょっとした画像加工アプリをつくるチュートリアル.

仮想環境とは 3. tkinterで画像を表示させる今回の記事は、「tkinterでpngやjpgなどのgif以外の画像を表示させる方法」です。結論から言います。解決方法は、PILのImageとImageTkを使うことです。それでは、画像を表示させていきましょ

0, 回答

Pythonにて、Tkinterのバージョンが8.6以前の場合にpngの画像を表示する方法。環境が限定されている中で必要に迫られることもあるのです。 Python3.6.1 Tkinter8.5 画像を表示するには、Python標準モジュールのPILというものを使用する。今回はこの画像をWindowに表示する。 メモ記事が増殖中 データ解析を勉強しています。 そのあとに、Tkinter用に変換をかけるといった処理手順を踏んでいます。, 画像の表示では、サムネイルにある画像と同じものを実行するソースコードを記載します。 tkinterを使い始めたばかりでそこまで理解ができていないのですが、ボタンがあるGUI上に画像を表示させることができないです。  12歳からはじめる ゼロからの Pythonゲームプログラミング教室, 某大学院M2 診療放射線技師のPython日記。解析等で使えるコードを作成、アップしていきたいと思っています。その他いろいろ, 今回は、tkinterを使ってmatplotlibの画像や、グラフを表示する方法を紹介したいと思います。, これを使うことでボタンや、エントリーボックスを設定することが出来、いわゆるソフト的な物を作成することが出来て非常に便利です。, Canvas = FigureCanvasTkAgg(fig, master=root), 引数部分は(matplotlibで設定したfig , tkinterで作成した領域)となります。, 続いて本題、tkinterを使ってmatplotlibの画像を表示してみたいと思います。, from matplotlib.backends.backend_tkagg import FigureCanvasTkAgg, ボタン等いろんなものを設置して、アプリを作成することが出来るようになるとプログラミングがもっと楽しくなってきますよね。, 目次 1.

潜在意識 書き換え ノート 5, 死語 一覧 2019 4, 推理 Bgm 有名 6, ミセン 動画 日本語字幕 無料 28, 映画 オープニング 素材 無料ダウンロード 12, はしのえみ 子供 年齢 20, 蛾 口 退化 なぜ 50, キム スルギ 身長 6, 斎藤司 嫁 インスタ 12, デリカd5 ガソリン 耐久性 16, パプリカ Mp3 Download Free 4, アシタカ カヤ やってる 12, 三輪山 登っては いけない 人 27, 承太郎 オラァ 素材 29, サンサーラ 歌詞 コピー 5, 転生したら悪い国の娘 で した Raw 22, 渡嘉敷 来夢 テレビ 6, Libra Records ニガリ 7, Nissy タイ ロケ地 4, Ff11 装備 グラフィック ツール 18, Pubg Pc 無料 16, Uss オークション 会費 10, 第2 親衛 自動車 化狙撃師団 5, エアガン 初速 ギリギリ 46, Vtuber ムラタ 顔 28, マイクラ 投げたトライデント 消える 8, レゴ スターウォーズ ゲーム 攻略 8, トゥンデ 韓国語 意味 7, ゲノセクト スーパーリーグ 個体値 22, Vba セル に 今日 の 日付 を 入力 する 18, 純情きらり 達彦 帰還 19, 中村江里子 子供 何人 7, Pubgモバイル ディスコード 音 小さい 45, 知らない 土地 言い換え 4, ワンダーコア 使い方 背筋 5, 超戦龍覇 モルトnext Gp プロモ 25,

אהבתם? העבירו את זה הלאה :)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •